2011年7月 的存档

Vol.38 先生になる感じ

 英語専攻の大学生は夏休みのうちに家庭教師みたいなものになれるが、日本語専攻の大学生はなれなさそうだと思っていた。なぜなら、中国では日本語を勉強している中学生や高校生はあまりいなくて、そういう需要はほとんどないからだ。しかし、英語学科の友達・陳悠然さんは第二外国語で日本語を選んで、補習がしたいと言った。それがきっかけで、この夏休みに、僕も日本語の先生が経験できる。
 今日の午後は東街口にあるケンタッキーで初めての授業をした。初めてなので、彼女は日本語に何が弱いか分からなくて、最初は順調じゃなかった。授受動詞を教えてあげてみたら、僕に簡単な文法が彼女にはあまり簡単じゃなさそうだった。普段単語や文法を少しずつ勉強してからよく使わなかったのが上手に生かせない原因かもしれない。それらをちゃんとマスターする以外に文を作ることはできないと思う。これからの授業がうまくできるように、動詞の様々な変形のし方を彼女にちゃんと復習させてあげた。授業が終わったら、のどはちょっと大変だと感じた。先生も簡単にはなれないね。
 他人に日本語を教えてあげている時に、自分も復習できる。だからいいんじゃない?そして、授業の準備をしておくことも大事だと思う。教えたいことがはっきり伝えられるし、相手も分かりやすくなるから。残念ながら、復習するつもりはぜんぜんないと思って、今度の夏休みには教科書や電子辞書を持って帰らなかった。今はちょっと後悔している。教えてあげる時にも使えるし、何かを忘れてしまう時にも役立てるし、やっぱり持って帰ればよかったのに…。一年間勉強した内容を振り返って、これからの授業を準備しよう。今こそ自分を試す時だ!

 

日语系实践周汇演

  周五上午,我们日语系举行了实践周汇演,内容涵盖了演讲、书法、配音、舞台剧等等,可以说是相当精彩。当时我就抱着我那破数码相机把大部分的节目都录了下来,之所以这么晚才发上来是因为家里宽带的上传速度不给力,花了好久好久才搞定。

  

  1. 10级日语演讲一等奖表演
  2. 09级日语配音二等奖表演
  3. 09级日语配音一等奖表演
  4. 08级、09级字幕组展示
  5. 08级翻译组展示
  6. 08级日语辩论表演
  7. 08级舞台剧表演
  8. 卡西欧电子词典广告

  接下来就来说说我参与实践周的事情吧。

  我报的是王老师的演讲班,而且是真心想要认真对待这次演讲的,也希望借此锻炼一下自己的口语能力。因此,这两周时间里花了不少时间准备,过得算是挺充实的,所以也并不会觉得实践周没有意义。

  比起胡老师的演讲班,我们班算是进度比较紧凑的了,早早就把演讲稿敲定,让老师修改好便开始练习了。我的演讲稿是《日本人との交流》,是参加完“我爱我系”活动回来的那个凌晨赶着写完的,感觉写一些自己的亲身经历会比较好写,对自己也相对有意义,没想到一提笔就有了1000来字。在练习演讲的过程中也遇到了不少麻烦,比如某些句子念起来很绕口等。

  通过班上的选拔,我找到了自己演讲不带感情的毛病;通过两班的比赛,我也遭遇了忘词长达20秒的尴尬……然后再反复进行了多次的练习,力求在汇演上能把最好的一面展示在大家的面前。虽然最终还是小小地忘词了,虽然最终还是因为紧张而不由自主地加快了语速,但是我对自己的表现还是挺满意的。我很高兴自己能够通过两周下来的努力,在真正的多番竞争之下得到我在大学里的第三张个人奖状——实践周日语演讲比赛一等奖,这个荣誉对我而言可以说含金量是很高的。

  最后,我还想套用我演讲里的最后一段话:これからも、日本語の勉強を怠けないで、きちんと頑張り続けていきたいと思います!

  

  那天汇演,让我印象深刻的还有日语配音和舞台剧,且听我一一道来。

  首先是配音,三种不同风格的日本影视作品,让我感受到了其中的有趣。其实我们过去经常说中国的配音行业发展得很差,配出来的东西简直不堪入耳,其实就在我们身边就能发现不少表现力很强的“声优”嘛!我自己当然也是很想尝试一下配音,中文也好日语也罢,只可惜一直都没能用机会,希望明年我们日语系学生会能办成一次“配音大赛”,我自己也可以去体验一番呀!

  再来就是舞台剧,演绎的虽然是大家很熟悉的灰姑娘的故事,但是日语版的真的还是第一次看到呢!好在自己的听力水平OK,基本上都能听得懂,不至于说遇到笑点却还在那儿发呆……我觉得整场下来最赞,最贴近学日语的我们的心的就是“综合日语的高桥美穗”那段了,学长的那声“啊,对不起,日本の方ですか”实在是让我捧腹不止。还有一个很囧的地方也很搞笑,那就是午夜12点时灰姑娘“落”鞋子的那个瞬间……

  好像这么一来我已经表明的自己大二、大三想要选择的实践周项目了吧?不过能不能成功选上又是另一回事了……保佑人品无限爆发吧!

  

  身为第五届学生会的核心成员,同时也还是这次实践周汇演的工作人员。记得校园开放日的时候体验到了大家一起为展示日语系而努力,而这次各个部门又一起为了成功办好这场重要的活动而分工协作。未来这样的机会还会有很多很多,总之一起努力吧!

Vol.37 緊張のせい?

 今朝、日本語学部実践週パフォーマンスが行われた。そのパフォーマンスでは、経った2週間の日本語に関する弁論や書道や吹き替えなどの活動の成果を発表した。先週の日記の通り、僕は弁論の授業を選んで、真面目に準備していた。昨日の決勝でラッキーにも優勝した。それで、今朝のパフォーマンスで発表しなければならなくなった。
 実は、昨日の決勝で僕はうまくできなかった。緊張のために、弁論の内容を忘れて20秒間も何も言えなかった。本当に残念だなあと思ったが、意外にも優勝した。優勝者はパフォーマンスで発表するので、その時恥をかかないように、夜寮で何回も練習した。残念ながら、本番の時にはまた大体同じような状況になってしまった。皆さんが拍手してくれて、それからはうまく終わることができた。今度もまた緊張のせい?ほかの原因もあるかもしれないが、分からない。
 これからもこのような大きな舞台に立つチャンスが必ずある。経験していけばだんだん緊張しなくなるだろう。それから、もし自信満々ならば、きっと緊張しないと思う。