首页 > 日语日记 > Vol.81 コンテストの準備に追われている

Vol.81 コンテストの準備に追われている

 イベントやコンテストが溢れている五月と六月は忙しいけれども楽しい。日本に留学する前に、この学校で興味のある活動にできるだけ参加したいし、僕自身も日本語に関する活動に参加する気があるから、何だかこのところほかのことをぜんぶ忘れたかのように色んなコンテストの準備に追われている。
 僕は歌うのが苦手なんだけど、どうしても歌いたい歌があるから、今年もやっぱり日本語カラオケ大会にチャレンジすることにした。先週末の予選で、遊助の「ひまわり」で僕は意外にも勝ち残ることができた。簡単な歌を選ぶほうが勝ち目があると友達が勧めてくれたが、僕の歌唱力ではきっとこれ以上進めないだろうと知りながらも、準決勝で僕にとってとても挑戦性のある「一笑懸命」という歌を歌いたいと思う。だって、この大会に参加するのは入賞するためじゃなく、恥をさらしてでも舞台で自分の好きな歌を歌うためだもの。最近、この曲を何回も繰り返して聞いていて、歌詞はだいぶ覚えてきた。踊りは無理だけど少なくとも何か仕草をしたほうがいいと思うが、早口言葉みたいな歌詞を調子がはずれずに歌うだけでもう精一杯だ。それに、恥ずかしくて、この狂っている曲を本当に寮で練習したくないなあ…。誰もいないときに叫ぼうか。
 日本語の翻訳能力と会話能力を試す「日本語スター」というコンテストにも参加した。予選は主として文章の翻訳で、10人しか勝ち残れないことになっている。東日本大震災に関する文だった。読みにくくはなかったけど、いくつか知らない単語や表現があったので、それが翻訳の邪魔になってしまった。しょうがなくて、そういうところを文脈によってちょっと当ててみた。結果によると一位を取ったらしい。まさか自分が先輩よりもうまくできたとは思わなかった。これからは再来週の決勝のために自己紹介を準備しておく。自己紹介の形はもう決めたから、週末など時間があるときに詳しい内容を面白く考えたりスライドを作ったりしてから練習すればいい。ところで、決勝は小報告庁で行われ、後輩の一年生にも見学されるそうだ。即興会話では上手にできるかどうか自信がないが、うまくいくといいな。とりあえず、頑張ってみる!
 そうだ、また「日系企業模擬招聘会」というコンテストがあった!でも、忙しいせいで諦めてしまうかもしれない。参加したらきっといい経験になるので、できれば諦めたくないな…。

评论 ( 0 )
  1. 还没有评论
评论已关闭.
Trackbacks & Pingbacks ( 0 )
  1. 还没有 trackbacks
  2. Trackbacks 已关闭