首页 > 日语日记 > Vol.62 期末試験について

Vol.62 期末試験について

 今学期の期末試験は4科目しかないのに10日も続いていて、今日やっとぜんぶ終わった。それについて何かを話したくてしかたがないから、この日記を書き始めた。他の試験を抜きにして、直接午後の日本語の試験に入る。
 良い点を取れるように日本語を2、3日復習していた。今まで覚えた単語の中から、忘れたのと注意しなければならないのを紙に列記しておいて、一つ一つ暗記した。一方で、長くて難しい読解文から出た文法は会話でよく使っていないので、作文に使いにくくなってしまう。だから、その間に新しく学んだ文法をざっと目を通した。そして、今日のように試験場へ入った。一応自信がけっこうあったと言える。平常心を持って回答すればいいと思った。
 まずは聴解の問題だった。それらはほとんど練習問題集でしたことがあるから、あまり難しくなかった。さっきの話を聞いたら次は何を言い出すのかすぐ分かったほどだ。といっても、ぜんぶはっきり覚えていなかったので、完璧にできたとは限らない。それからの単語や文法の問題は案外簡単だったと思う。大体一見すればすぐ選べた。読解ならちょっと迷っていたところがあったが、先生から正解を聞いて自分の回答は正しかったようだと分かった。最後は「忘れられない経験」をテーマとした作文だった。そのテーマを見てすぐ前書いた日記を頭で検索して、去年の夏休みに友達に日本語を教えた経験にした。でも、試験の時に作文をすることは、ふだんのんびりして日記を書くこととはまったく同じじゃない。時間に追われたせいか、作文はめちゃくちゃになっちゃった気がする。まあ、試験はこれでおしまいだ。これからちゃんとのんびりしよう!
 試験が終わったらやはり家に帰って冬休みを楽しむことだね。今度の冬休みには何をするのかと言えば、まずは秋から残っている「家政婦のミタ」などのドラマをひと息に見ることだろう。それから、ネットでゲームをしたら、中学時代のクラスメートとのコンパを開いたりして過ごそうと思う。何か意味のあることもしたいと思っているけれど…、まあ、成り行きに任せておこう。

 

评论 ( 0 )
  1. 还没有评论
评论已关闭.
Trackbacks & Pingbacks ( 0 )
  1. 还没有 trackbacks
  2. Trackbacks 已关闭