首页 > 日语日记 > Vol.54 中間試験のまとめ

Vol.54 中間試験のまとめ

 日本語の試験についての日記はやはり日本語で書けばいいな。先週日本語の中間試験を受けた。今点数も間違ったところも分かったから、ちょっとまとめたいと思う。
 今学期からいろいろな理由で、単語や文法はまあまあ覚えていたが、日本語はきちんと勉強していなかった気がする。中間試験の間に復習はしなかったし、一夜漬けすらもあまりしなかったから、初めて日本語の試験にも不安感があった。しかし、受けてみると、その試験は思っていたほど大変じゃなかったと思った。何と言っても、内容はぜんぶ勉強したから、よくできないはずはないと思う。ただし、僕をちょっと惑わしていた問題も少しだけあったが、何とかすべて当てたようだ。
 先生方が試験を採点した後、曽先生はすぐにみんなの点数をそれぞれのEメールで伝えてくれた。こんなに早く成績が分かるなんて本当に感謝している。今朝の授業で、自分の解答用紙を見てどの問題が間違っていたか分かった。先生も今回の試験について詳しく説明してくれた。67点は2年生の中でも悪くない成績だが、満足していない。もっとよくできたはずなのに…。
 その後、自分の間違いをちゃんと分析した。語彙や文法のほうはあまり問題がなかったが、読解のほうは意外にもよくできていなかった。原因はいろいろあったと思う。例えば、文章での言葉の意味を間違えたことだ。ある文章にある「落ちている」という言葉があったが、おっちょこちょいにも「気を落ち着ける」と理解してしまった。本当は「試験に合格しない」という意味だったんだ。翻訳の問題は簡単だったから、一ヶ所しか間違えなかった。間違えたのは人の名前の後に「さん」を忘れてしまったことだ。日本語ではそういうのを付けなきゃいけないが、中国語ではあまり使っていない。だから、それみたいなところは中国人にとって忘れやすいね。
 まあ、点数は一番大事なものだとは限らない。それに、日本語そのものが本当に上手になるということこそが最終的な目標なんだ。これからもっと努力して勉強し続けることのほうが大事だと思う。水曜日の会話のテストも、来月の日本語能力試験も、何ヶ月後かの期末試験も、頑張る頑張る頑張る!

  

评论 ( 0 )
  1. 还没有评论
评论已关闭.
Trackbacks & Pingbacks ( 0 )
  1. 还没有 trackbacks
  2. Trackbacks 已关闭