2014年10月 的存档

Vol.105 日本人に理解されたい中国の良さ

 日本は公共の場がきれいだということや、日本人はマナーがいいということなど、日本に留学して日本の良さを多く感じてきた。それに対して中国の良さはどこにあるのか、色々考えていた。素晴らしい名所旧跡や美味しい料理が数えきれないほどあるというような中国の良さは確かなことだが、世界中の人々に自慢できる中国人の国民性は、残念ながら、正直自分にもすぐには見いだせなかった。かえって、世間の中国人の国民性への印象は悪いものがほとんどだと知っている。
 しかし、じっくり考えてみると、いいところが何ひとつないわけでもない。ただそれらは日本人に理解されていないだけなのかもしれない。例えば、いつも騒がしくしているのは、中国人は賑やかな雰囲気が好きだからだ。初対面の人に対しても距離を縮めようとするのは、中国人はもてなしがよく人懐っこいからだ。他国との紛争があるときに断固争うのは、中国人は強烈な愛国心を持っているからだ。そういったことは日本人の立場に立てば、「それはちょっと…」と思ってしまうことがあるが、決して悪いことだとは言えないのではないかと思う。また、周りの中国人の姿を見てみると、みんなきちんと目標を持ち、真面目で一生懸命に頑張っているのではないだろうか。
 ここのところ、マスコミからの情報ばかり見ていると、日本人の皆さんは中国に対していいイメージを持てないのかもしれないが、自ら実際に中国に訪れたり、中国人と交流したりすれば、中国への見方が少し変わってくると思う。歴史といった原因で、私たち中国人は日本に複雑な感情を抱きながら反日の環境で育ってきたのだが、それでも理性的に物事を考え、日本を客観的に見る中国人がいる。それに、アニメや音楽などを通して、日本という国、さらには日本文化に興味を持つようになった中国人の若者も少なからずいる。なので、日中関係の改善のためにも、中国のことをより一層理解して中国の良さを見つけてほしいと思っている。

台风过后的上学路

  今天上午,送走了台风19号的东京天气格外晴好,早上起来拉开窗帘,100公里开外的富士山清晰可见,未能享受台风停课待遇的“悲痛”心情顿时化为虚无,抓起微单上学去!

  

  眼前的这个位置是距离我们所住的东京国际交流馆最近的「りんかい線」车站「東京テレポート駅」,放眼望去能够看到「フジテレビ」(富士电视台)的背面,以及很多日本大手企业的办公楼。

  

  这座跨越有明西运河,连接青海地区与有明地区的「夢の大橋」是我们从东京国际交流馆步行去武藏野大学的必经之路。前方长得像大裤衩的建筑是高级酒店「ホテルトラスティ 東京ベイサイド」,在相同的位置转身能看到在夜里超漂亮的摩天轮「パレットタウン大観覧車」。

  

  我们现在生活的地方其实是东京湾岸上的一块填海造陆的区域,所以到处都能看到美丽的大海,沿着这边的道路边欣赏风景边长跑一定会是不错的选择。因为距离羽田空港非常近,所以每天走在这附近还经常能看到低空飞行的飞机从头顶上飞过。

  

  20分钟路程,10分钟自行车程就能抵达我们的学校武藏野大学了。学校内干净舒适,让人感觉待在这里非常舒服。坐在教室里透过窗外往往也能看到不错的景致,即便有车辆不断来往于桥上也听不到任何噪音,看来教室的隔音效果做得很不错。

  

  最后的这张照片是中午回来以后,在东京国际交流馆A栋的顶层拍摄到的,从这个角度刚好能看到左边的Diver City和右边的VenusFort,分别是我目前打工的麦当劳跟FamilyMart的所在地。

  

  可以说今天的蓝天真是纯净得令人陶醉,中午在网上看到台场附近的PM2.5值是9μg/m³,即便是这么低的数值在周边地区中也算是最高的,自己现在能生活在一个这么好的环境中真是幸福,好好珍惜吧!