首页 > 日语日记 > Vol.105 日本人に理解されたい中国の良さ

Vol.105 日本人に理解されたい中国の良さ

 日本は公共の場がきれいだということや、日本人はマナーがいいということなど、日本に留学して日本の良さを多く感じてきた。それに対して中国の良さはどこにあるのか、色々考えていた。素晴らしい名所旧跡や美味しい料理が数えきれないほどあるというような中国の良さは確かなことだが、世界中の人々に自慢できる中国人の国民性は、残念ながら、正直自分にもすぐには見いだせなかった。かえって、世間の中国人の国民性への印象は悪いものがほとんどだと知っている。
 しかし、じっくり考えてみると、いいところが何ひとつないわけでもない。ただそれらは日本人に理解されていないだけなのかもしれない。例えば、いつも騒がしくしているのは、中国人は賑やかな雰囲気が好きだからだ。初対面の人に対しても距離を縮めようとするのは、中国人はもてなしがよく人懐っこいからだ。他国との紛争があるときに断固争うのは、中国人は強烈な愛国心を持っているからだ。そういったことは日本人の立場に立てば、「それはちょっと…」と思ってしまうことがあるが、決して悪いことだとは言えないのではないかと思う。また、周りの中国人の姿を見てみると、みんなきちんと目標を持ち、真面目で一生懸命に頑張っているのではないだろうか。
 ここのところ、マスコミからの情報ばかり見ていると、日本人の皆さんは中国に対していいイメージを持てないのかもしれないが、自ら実際に中国に訪れたり、中国人と交流したりすれば、中国への見方が少し変わってくると思う。歴史といった原因で、私たち中国人は日本に複雑な感情を抱きながら反日の環境で育ってきたのだが、それでも理性的に物事を考え、日本を客観的に見る中国人がいる。それに、アニメや音楽などを通して、日本という国、さらには日本文化に興味を持つようになった中国人の若者も少なからずいる。なので、日中関係の改善のためにも、中国のことをより一層理解して中国の良さを見つけてほしいと思っている。

评论 ( 0 )
  1. 还没有评论
评论已关闭.
Trackbacks & Pingbacks ( 0 )
  1. 还没有 trackbacks
  2. Trackbacks 已关闭